FC2ブログ

ただいま帰りました!

長い夏休みをいただいておりましたが、無事南の島からこんがり焼けて戻ってきました。
今回の旅は前半がカウアイ島、後半はオワフ島と最近の同じパターンです。
現地でブログを更新するはずだったのですが、どういうわけか前回のようにうまくいかず断念。
これからちびちびと報告させていただきます。

blog129.jpg
ある日の朝食その1:
絞りたてオレンジジュース、コナコーヒー、オーガニックの手づくりバナナケーキ、フルーツいろいろ.。
バナナケーキはハイアットリージェンシーのファーマーズマーケットで買ったもの。
添加物も砂糖も入っていない自然な甘さで朝食にもおすすめのケーキです。
いかにもベジタリアン風のスレンダー兄さんが売っていましたが、彼がつくっているのかな?
ここのクッキーも美味でした。

blog130.jpg
ある日の朝食その2:
絞りたてオレンジジュース、コナコーヒー、オーガニックライ麦パン、グレープぽつぽつ。
ちょっと手抜きの朝食なので、バターでブタ鼻にしてみました。
(つづく・・・・)

通販で注文していただいていた皆様大変お待たせいたしました。
昨日から発送手続きを開始しています。
順番にお送りしておりますので、しばらくお待ちください。

とうげミュージアムでの教室も始まり、みんなに会えてうれしいです。
待っていてくれる人がいるというのは本当にありがたいな~。

スポンサーサイト



チェンマイの旅~タイ古式マッサージから仙人ヨガ

滞在中前半ほぼ毎日タイ式マッサージを受けていました。
1時間150B(450円)ととても日本では考えられない安さです。
マッサージスクールの先生に施術してもらうのもおススメで、1時間半800B。

今後の参考にとマッサージスクールのパンフレットを集めていたら、なぜか気になる「ルーシーダットン」という言葉。今とてもチェンマイでは人気の教室でタイ式ヨガのことです。別名仙人体操と呼ばれていて、タイの山の修行僧が自分のこりやゆがみをとるために編み出されたもの。その仙人たちはなぜかトラの衣をまとっているそうです。ナイトバザールでトラの衣装が売られているとか???

動きはタイ舞踊、インドヨガ、太極拳のような感じですが、呼吸法が独特で息を止める時間が長いです。

興味のある方はこちらのサイトをのぞいてみてください。15ほどのポーズが紹介されていて、それぞれの仙人のシルエットをクリックすると仙人が実演してくれます。タイ語なのですが、20秒ほどがまんすればサンダーバードの人形のような仙人が動き出します。なかなか絶妙な動き方をしてくれ笑えます。

ルーシーダットンのポーズ

私はチェンマイ滞在の後半、ルーシーダットンの体験レッスンを受けました。「しこをふむ仙人のポーズ」や「合掌しながら足を鍛える仙人のポーズ」等のバランス系が得意でした。

日本に帰って調べてみると、ルーシーダットン日本普及協会がちゃんとありました。

今回は画像なしのブログ書き込みです。マッサージやヨガの写真が一枚もないので。まあ、マッサージをされているところを撮りたくも、撮られたくもないですよね。ん?見たくもない?

次回はまじめにギャラリー情報や山岳民族の染織についてもレポートします。


つづく~

チェンマイの旅~タイの屋台

夕方から深夜まで歩行者天国となるサタデーマーケットに行って来ました。

屋台1

前髪ぷっつんおじさんがお粥に半熟たまごを入れているところ。
人気のようで、みんな若者が勝手に香辛料やら調味料やらを手馴れた様子で自分のお粥に入れています。ということはおかゆは味がついていないのでしょうね。おいしそうだったのですが、今回は見るだけに。

屋台2

「パッタイ」のお店を発見。パッタイはタイの焼きそば。麺は米からつくられていて、平べったく、京都の鍵善のくずきりくらいべローンとしています。
よ~し、今日はパッタイにしよう!

屋台3

「あいよ、唐辛子はこんくらいかい?」
「うん、そんなもん」

屋台4

ある程度調理済みのパッタイに唐辛子、炒り卵とモヤシを加えて手前の丸い鉄板でシャカシャカシャカっと元気に焼いてくれて、はい、30バーツ、90円。
早い!安い!うまい!
オイスターソース、ナンプラー、ライム?レモン?ヤシ砂糖?いろいろ混じっている感じ。単純に塩味とかソース味と言えないまろやかで深い味わい。タイのやきそばおススメですよ。

屋台5

ちょうどのどが渇いたので、ココナツジュースを。ココナツは注文を聞いてからちゃんとその場で上をカットしてくれるので、とっても新鮮。これは20バーツ、60円。ホルモンバランスにとてもよいとヨガの先生に教えてもらったのでそれから滞在中努めて飲んでいました。昔は点滴がわりだったとか???

屋台6

ここは野菜ジュースのお店。

屋台7

私はキャロットとパッションフルーツの無糖を選びました。単純明快無駄のない看板に加えて元の野菜やフルーツをさりげなくディスプレイ。スマートですね。「無糖と加糖」じゃなくて、「無糖と低糖」というところも押さえどころ、OK。いや~商売の勉強になりますね。(ほんとうに思ってる?)

屋台8

こちらはお寿司。タイでは人気らしい。でもちょっと勇気がいる?

つづく~

チェンマイの旅~なんだか不思議

チェンマイでこんなものを見つけました。

blog49.jpg

な~んだか違う。な~んかが違う。
でもこのゆるーい不思議なきわどい感じ、きらいじゃない。(とっても好き)

チェンマイの不思議発見はこんなバザールからスタートです。

blog50.jpg

チェンマイの交通手段は後を走っている「トゥクトゥク」と呼ばれる改造オート三輪かその後に見える赤い「ソンテウ」という屋根付きのトラック(乗り合いタクシー)。私が乗っているのもソンテウで、後部が空きっぱなしで、景色を見るのは後ろ向き。トゥクトゥクは大体100バーツ(1バーツ3円なので300円)で、ソンテウは20バーツ。トゥクトゥクの運転手は商売熱心で、いくら目的地をいっても、毎回「そんなところは面白くないよ」「タイガーツアーはどうだい?」「象ライドは?」と聞いてきます。最初は断るのが面倒だったのですが、慣れてきたらにこっと笑って目的地をもう一度伝える。そうするとチェンマイのおじさんはあっさりしていて、それ以上言いません。トゥクトゥクの運転手の横に奥さんや赤ちゃんを抱いたお母さんが乗っていたりします。うしろにお客を乗せて一日家族でチェンマイ市街を走るのでしょうか。たぶん家にいても暑いので、だんなと一緒に風に吹かれていたほうが心地よいのでしょう。なんだかのんびりほのぼのしています。

blog51.jpg

つづく~

ポイプビーチその2~出会ってしまった~

カウアイ島通信4号

今日もポイプビーチから。

ポイプビーチ6 ポイプビーチ7
借りているコンドミニアムからポイプビーチまで車で30分ほど。
今日の波は穏やかで、静かな海です。
最近よく見るスタンドアップ・パドルボード(サーフボードの上に立って移動する)の人たちがいます。

いつものように今日も海の中を散策。
相変わらずトロピカルフィッシュたちはサービス精神旺盛です。
そろそろ陸に上がろうと、体の向きをゆっくり変えようとしたとき、
大きな影が視界を遮り、前が全然見えません。
人だと思ったのですが、どうも様子が違います。
接近しすぎていて、岩だかなんだかわかりません。

このカタチは・・・・・。
「カメ?」

とても静かなカメが
私と目と鼻の先で差向かえ。

私は思考が完全に止まりました。
瞑想状態のような不思議な初めて体験する感覚でした。

その後どうやってカメさんと別れたか、どうやって陸にもどったか、
正直、あまり覚えていません。

ポイプビーチ9 ポイプビーチ10
これは看板の写真。
実際はもう少し黒っぽくて、もっとしわしわのおじいさんかおばあさんのような大きなカメでした。

出会えてうれしかった。 

カメさん、ありがとう。